テスト投稿その2

| 未分類 |

「何が」と際(きわ)どい声を出して聞いた。
「何がって、知ってるじゃないか」と子供は嘲(あざ)けるように答えた。すると何だか知ってるような気がし出した。けれども判然(はっきり)とは分らない。ただこんな晩であったように思える。そうしてもう少し行けば分るように思える。分っては大変だから、分らないうちに早く捨ててしまって、安心しなくってはならないように思える。自分はますます足を早めた。
 雨はさっきから降っている。路はだんだん暗くなる。ほとんど夢中である。ただ背中に小さい小僧がくっついていて、その小僧が自分の過去、現在、未来をことごとく照して、寸分の事実も洩(も)らさない鏡のように光っている。しかもそれが自分の子である。そうして盲目である。自分はたまらなくなった。

リンクテスト2:黒髪女子のカラコン選び

 ある蒸し暑い雨(あま)もよいの夜(よ)、舞台監督のT君は、帝劇(ていげき)の露台(バルコニー)に佇(たたず)みながら、炭酸水(たんさんすい)のコップを片手に詩人のダンチェンコと話していた。あの亜麻色(あまいろ)の髪の毛をした盲目(もうもく)詩人のダンチェンコとである。
「これもやっぱり時勢ですね。はるばる露西亜(ロシア)のグランド・オペラが日本の東京へやって来ると言うのは。」

 当日、僕は車で、その催しがある日暮里(にっぽり)のある人の別荘へ行った。二月の末のある曇った日の夕方である。日の暮には、まだ間(ま)があるので、光とも影ともつかない明るさが、往来に漂(ただよ)っている。木の芽を誘うには早すぎるが、空気は、湿気を含んで、どことなく暖い。二三ヶ所で問うて、漸(ようや)く、見つけた家は、人通りの少ない横町にあった。が、想像したほど、閑静(かんせい)な住居(すまい)でもないらしい。昔通りのくぐり門をはいって、幅の狭い御影石(みかげいし)の石だたみを、玄関の前へ来ると、ここには、式台の柱に、銅鑼(どら)が一つ下っている。そばに、手ごろな朱塗(しゅぬり)の棒まで添えてあるから、これで叩くのかなと思っていると、まだ、それを手にしない中(うち)に、玄関の障子(しょうじ)のかげにいた人が、「どうぞこちらへ」と声をかけた。

 所が佃組の船に、妙な男が一人ゐた。これは森権之進(ごんのしん)と云ふ中老のつむじ曲りで、身分は七十俵五人扶持(ぶち)の御徒士(おかち)である。この男だけは不思議に、虱をとらない。とらないから、勿論、何処(どこ)と云はず、たかつてゐる。髷(まげ)ぶしへのぼつてゐる奴があるかと思ふと、袴腰のふちを渡つてゐる奴がある。それでも別段、気にかける容子(ようす)がない。